2018年06月24日

とれた、とれた潮干狩り♪

千葉県富津海岸で潮干狩り。
小学生のとき以来だが、まったく記憶なし。

どうやってとるの?何を持っていけば?
果たしてとれるの?水が冷たいよね?

頭の中は??ばかり。

仲間に体験者がいたので、大体はわかったが。
私は完全装備。日に焼けず、水にも素足をつけない。

あさり 003.JPG

1時間半ほど格闘。始めは手ごたえがなかったが、
「ただひたすらに掘る」のアドバイス通り、もくもくと。

渡された超過料金のかからない網袋がいっぱいになるまではと、
頑張り、なんとかクリア。

お昼は主催者町内会のサービスで豪華なランチ。
びわソフトも食べ、ご機嫌でした!

あさり 001.JPG あさり 005.JPG

posted by エミング at 15:58| Comment(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

微妙〜、で難局を乗り切る

ボランティア板橋日本語教室、上級クラスでのこと。
在籍者20人のこのクラスには、在日10年以上のベテランや
中級からやっと上がってもがいている学習者など、
理解力や習得度がまちまち。

いつも早く来て、前列中央の席に座る、在日10年以上の
ベテラン中国人女性との授業前の会話〜

日本人は優しい、話し方が優しい。それが少しわかったと。
今は自分もそれが少しできるようになったと。

…なにやら興味深いですね。

彼女曰く、
飲食店などで、見かけより量が少なかったり、小さかったりしたら
以前は「違う、おかしい、小さい」などと強い口調で文句を言っていたが、
今は、ちょっと違う言い方をすると。

「あ、これ、ちょっと違う。かわいいね」というのだそうだ。

また、「おいしいでしょう」と聞かれて、あまりおいしくないときは
すかさず否定せず、今は「微妙〜」と返すのだそうだ。

日本人はあまりストレートに反論しない、強くいわないということを
学んだようだ。
良し悪しは別として、広く理解ができるということは喜ばしい。
posted by エミング at 15:38| Comment(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子の差し入れ💙うれしいね〜

板橋日本語教室でのこと。初歩クラスの中国人女性学習者が、
かばんからたくさんのパックを出した。
「私がつくりました」と。4個詰めが10数パックも。

001.JPG

先生方もどうぞと。
そういえば、少し前に、初めての動詞導入で、「食べます」「飲みます」を
練習したとき、餃子を食べます、おいしいです、作りますなどの
かたこと会話をしたことを思い出した。そのときのうれしそうな顔。
「今度作ります」と言ってたのを思い出した。

授業前だったが、
熱いうちがおいしいからと文字で書いてすすめるので、
皆でぱくぱく。
皮がパリパリで、ニンニク臭くもなく、おいしかった💙💙。

ことばは十分通じなくても、気持ちが通じる瞬間、
これがボラ教師の醍醐味でしょうか。

彼女は、中国人に多い、否定形の「ありません」が
「ありますン」になりがち。
これからも少しづつ練習ですね。

posted by エミング at 15:04| Comment(0) | MIDOMIDORIN WORLD × CAFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

咲いた、咲いた、らんの花

やっと咲きました。らんの小さな花。

平川 001.JPG

ちょうど2年前、中国人の名も知らぬ人から、鉢をいただいた。
昨年はまったく咲かず、どんな花が咲くのだろうか。
いつ、咲くのだろうかと…。

ことばが通じず、ジェスチャーのみの交流でしたが、
プールで平泳ぎの足をちょこっとアドバイス。
飲食店のアイドルタイムに練習に来ているようでした。

ちょっとうまくなって、25メートルは泳ぎ切っていました。
拍手。
posted by エミング at 17:39| Comment(0) | MIDOMIDORIN WORLD × CAFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

5月のランチは銀座で♪

銀座でランチ。
DOMINICQUE BOUCHET TOKYO。
ほぼ個室でゆったりフルコース。
ソースがしつこくなく、それぞれの料理を堪能しました。

IMG_8977.JPG IMG_8976.JPG IMG_8975.JPG

IMG_8978.JPG IMG_8970.JPG IMG_8973.JPG

IMG_8967.JPG IMG_8968.JPG IMG_8971.JPG

IMG_8953.JPG IMG_8955.JPG
posted by エミング at 03:51| Comment(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

外国人も楽しむ 百人一首 源平合戦 

ABK友の会:日本語で話そう「木曜会」のYEAR END PARTY のシーン。
2時間の内、前半コミュニケーションタイム、後半パーティー。
ケーキでお茶タイム。ボラが持ってきたプレゼントを選んで、
日本の古のお正月の遊びの紹介。コマ回しと羽根つき。

IMG_7816.JPG IMG_7818.JPG
IMG_7819.JPG IMG_7821.JPG

そして、皆で小倉百人一首の源平合戦を楽しみました。
札がとれないのではないかと心配しましたが、
どうしてどうして、下の句を読んだら、手が伸びました。

IMG_7822.JPG

三本締めで今年のボランティア終了。
posted by エミング at 13:56| Comment(0) | MIDOMIDORIN WORLD × CAFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

ビブグルマンレストラン 菜の花

創作和食「菜の花」。上野界隈のビブグルマンレストラン。ビブグルマンって?
ミシュランガイドにおける安くて(5000円以下)美味しいおすすめレストランとのこと。
そのうち行きたいと思っていたら、情報通友人のお誘い。
「菜の花」それとも「ザクロ」?と聞かれ、まずは「菜の花」に。
012.JPG

小さい店なので早めのランチ。
予約のいらないランチメニュー「旬の魚のお茶漬け膳」1550円に。
前菜6品盛、茶漬け(マグロ、福子、金目鯛)。
ごま油と醤油のタレ漬けの切り身で。マグロはご飯にのせそのまま、
あとの魚はご飯をお替わりしてだし汁で茶漬け風にとのおすすめ。

011.JPG 008.JPG 010.JPG
009.JPG

米やみそ、野菜は無農薬栽培で佐渡の実家から直送とのこと。
刺身はそこそこ食べた感がありました。
健康に良いとされる腹8分目、あとでどこかでデザートって感じです。

日暮里駅南口から谷中墓地を抜けたあたり、
「上野桜木あたり」界隈には三軒屋があり、

005.JPG 002.JPG 004.JPG

003.JPG 006.JPG 007.JPG
パン、ビール、喫茶、オリーブオイル、お休みどころなどが、
ちょっと懐かしい趣で集積しています。
ちょっと足を伸ばせば芸大や面白そうな店もちらほら。
ゆっくり散策コースには、もってこいです。
posted by エミング at 14:27| Comment(0) | ごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

KITATANI SWEETS FESTA 2017

おかしとパンの原材料・パッケージ・機械の総合展(キタタニ主催)が
7月4、5日和歌山ビッグウェーブで開催されます。
展示はもとより、ダックワーズの考案者、三嶋隆夫氏の特別講演や
ケーキ、パンの有名職人のプレゼンテーションも行われます。

IMG_6478.JPG

そして、製菓実験社とのご縁で、
私も「わくわく接客講座」のセミナーをさせていただくことに。

book_02[1].jpg

あま〜い香りの漂う?会場へ、どうぞ。
ここのところ、甘いものを多少控えていた私ですが、
当日、別腹スイッチが入ってしまいそうで、怖いです。
posted by エミング at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

すごいなこの傘、私の青春を呼び覚ました

降るのか降らないのか暑いのか寒いのか、
わかりにくい天気が続くさなか、プレゼントが。
兼用傘 002.JPG

見覚えのある包装、横浜元町の信濃屋、そしてこの長型は傘?
なんとなんと美しくて楽しい晴雨兼用傘。
まさにこのシーズンぴったり。しかも、シルク製品。
洋傘一筋87年の日本橋小宮商店のタグつき。
さすが、一つ一つ手つくりが納得。
そして二重張りの内側の柄がなんとも楽しくなる。
これはシルクが得意な信濃屋の企画か?
青空が広がり、赤い山々が連なり、ヨーロッパの城が描かれて、旅行気分に。

高田馬場 006.JPG 高田馬場 009.JPG

フランスに行きたしと思えどもフランスはあまりに遠し。
せめては新しき背広を着て気ままなる旅に出でてみん… 

公園の芝生を眺め、萩原朔太郎の詩の一説が思い浮かんだ〜
この傘を持てば、毎日が旅行気分。
posted by エミング at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

和歌山白浜アドベンチャーワールド

五月晴れの頃、
パンダ繁殖の成功率が高いという和歌山白浜のアドベンチャーワールドへ。
マリンショーもアニマルショーもおもしろいが、
それ以上にパンダのゾーンは飽きない。
広々とした屋外ゾーンが2か所、ブリーディングルームともうひとつの屋内施設。
周囲は自然に恵まれ、これだけゆったりしたスペースがあれば、
繁殖にも子育てにも好条件だ。

去年生まれた結浜は母パンダ良浜(らうひん)とブリ−ディングルームで、
滑り台で一人遊び。休むことなく動き回っている。
母はひたすら竹を食べ、たまに結浜をかまうだけ。

004.JPG 069.JPG
催促されることなく、あちこちからパンダたちの様子をうかがえるので、
時間が経つのを忘れるほど見続けてしまう。

隣接した屋外ゾーンには十数頭の子を作ったパワフル父さんが木陰で竹を
食べ続け、おもむろにこちらに来て、くるっと尻を向けたかと思うと、
なんとそこでトイレタイム。
う〜ん、パンダのうんち、なるほど竹が未消化だ。

032.JPG 016.JPG

別の屋外ゾーンでも子供パンダが遊び、そして屋内施設にも2頭のパンダ。
中国に渡る3頭のうち2頭が検疫中で隔離されていた。

046.JPG 057.JPG

3頭がいなくなったら、残るは5頭、寂しくなるが、
それでも5頭もいるこのアドベンチャーワールド、
結浜が大きくならないうちにまた来たいな〜。
posted by エミング at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする