2016年11月17日

銀座小十 カウンターでじっくりランチ

ついに三ツ星レストラン「銀座小十」へ。
シャンペンをいただいて、野菜や海老のゼリー寄せの突出しから始まり、
目の前で奥田オーナ-が魚の切り身を切り分け始めました。

S__9011216.jpg S_突出し_9011218.jpg S__9011219.jpg

あれ、もう刺し身かなと思いきや、食べごろを見計らっているんですね。
二皿目は筒型の唐津焼の器のなかに、松茸とほうれん草の温野菜、
上には松茸の軸の細切が散らしてあります。次に椀物。
S_唐津焼_9011220.jpg S_松茸ホウレンソウ温野菜_9011221.jpg  S_お吸い物_9011223.jpg
そしてお刺身は大間の本マグロ、鯛、九州のセキサバ。
鯛を塩で、ワサビも極上ですね。
S_大間のマグロ九州関サバ、白身魚_9011224.jpg
次は焼き物。大皿に秋を演出。色とりどりの葉の下には松茸の白身魚包、
近江牛、銀杏、蓮、サツマイモとここも秋深しです。
S秋深し秋の味覚いろいろ__9011228.jpg S松茸魚包と牛肉__9011229.jpg

〆は北海道の天然鰻のご飯、鰻のなんと身の厚いこと。
デザートも二種類で豪華。巨峰ゼリーとアイスクリ−ム。

S天然鰻__9011232.jpg S巨峰のゼリーとアイス__9011234.jpg
〆の抹茶もこれまたおいしい。
奥田オーナーやソムリエの方、スタッフさんとも気軽に
お話しができました。
posted by エミング at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする