2009年03月04日

身近に鑑賞できる巨大壁画

090304_1554~0002.jpg渋谷の京王井の頭線の連絡通路に設置された
巨大壁画「明日の神話」岡本太郎作を見た。
長さ30m高さ5mの壁画は下から見上げたのでは、
とうてい両目には入らない。

離れた階上からでも目を左右に移動しながら
鑑賞するほどの大作である。

1968年、万博の「太陽の塔」とともに制作を開始し、
依頼されたメキシコと、日本との往復を繰り返していたとのこと。

水爆の炸裂の瞬間がテーマで、中央の燃える骸骨が鮮烈である。

広島や大阪が候補地にあがっていたが、この雑踏の渋谷こそ、
適所のように思える。

作者が伝えたかったメッセージが、
雑踏のシーンに息づいているような気がするからだ。

40年前の作品の燃え滾るパワーは、作者だけではなく、
高度経済成長まっただなかの日本人一人ひとりのエネルギーを
象徴しているかのようだ。

posted by エミング at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック