2009年03月30日

kaneno 金のなる木に花が咲くと…

090322_1549~0001.jpg

金のなる木は、そんなに手をかけなくてもスクスクと育つ。
枝を折ってもどんどん新しい芽を出すので、たちまち大きくなる。

我が家は、ベランダに放置したままだけど、幹がどんどん太くなっている。
新芽に5円玉を入れて、金のなる木つくりに何度か挑戦したが、
なかなかうまくいかない。
それに、我が家の金のなる木は花が咲くのを見たことがない。

ところが、追った枝を実家にもって行き、
そこで成長した金のなる木が見事に花を咲かせた。

やはり手をかけないと咲かないのかな。
かれんな花が誇らしげに咲いていた。
お金が木についているよりもいいでしょうといわんばかりだ。脱帽!

それでもなお、「何かいいことあるんじゃない」と親に言ってしまう
のは、欲深というか、心が汚濁されているというか…。
純粋に花を愛でなければいけませんね。
posted by エミング at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック