2009年09月23日

庭園を眺めながら、料亭の料理を楽しむ

東京都庭園美術館の庭園内には、大正創業の料亭「金田中」が
手がける和風カフェ、「茶酒」(サーシャ)がある。
ランチタイムには、いつも列をなしている人気の店だ。
テラス席もあり、ゆったりした空間と内装、
こじゃれた器やその提供法など、料理もさることながら、
リーズナブルプライスで贅沢なひとときを過ごせる。

バーカウンターからは庭園も眺められ、 090917_1248~0001.jpg
待っている間に、
目の前に飾ってある器なども鑑賞できる。

ランチセットは3種類あり、どれもご飯と麺の組み合わせだ。
私は翡翠麺とそぼろご飯、玉地蒸し、香の物、デザートのセットを
注文し、料亭の味を楽しんだ。

そぼろには鶏なんこつも含んでいるとあるが、そうは感じさせなく
するするしていた。
デザートは白玉だんごに黒あんことずんだあん添えで、090917_1238~0001.jpg
二つに割った竹の節の容器に盛り付けされて出てきた。
そのだんごの盛り付けの風情に思わず、パチリ。    
 


posted by エミング at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック