2010年08月27日

真の美を願って…

富士山を登頂した姪より土産をもらった。
富士山頂上浅間大社の「美守」の札である。

家内安全や健康運や金銭運のお守りは、巷にあふれているが、
「美守」のお守りは始めて手にした。

台紙には「真の美を願って…」と書いてあり、
なかなかのキャッチコピーである。

妙齢の女性だけでなく、女性すべての心をくすぐるのではなかろうか。

自分で買うのはちょっとためらっても、おみやげなら、気が利いている。
霊験新たかな日本一の富士山のお守りとなれば、有難みも倍増だ。

商売は「不易流行」(変わらないものと変わるもの)とはいうが、
基本原則をベースに、応用を図り、遊び心を付加するという商品開発の好例かしら。


posted by エミング at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ワク・ニコ・きらり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック