2010年09月05日

ちょっと高級感のある香港料理店

江戸川区中葛西8丁目に5月オープンした香港料理の「ぼひにあ」。
ぼひにあとは香港のシンボルの花で、5月頃にまっさかりとなるそうだ。

この店は、本場の料理人が広東料理の秘法で調理する。

白切鶏(地鶏の柔らかゆで)、えび入り焼きにら餃子
具沢山あんかけチャーハン、えびワンタンメン、などなど100830_1258~0001.jpg100830_1240~0001.jpg100830_1239~0002.jpg100830_1238~0001.jpg100830_1235~0001.jpg
どれも美味でした。

麺が細めでしっかりしているのが特徴で、香港の麺だそうです。

そしてなによりもうれしかったのが、冷たいおしぼりを手渡されたときでした。
この暑さでは、顔中拭きたい気分でしたが…。

そもそも香港料理とは?
広東料理がルーツで、世界の食通を相手に食の街「香港」として
チャレンジしてきたのが香港料理でしょうか。

今後が期待されます。


posted by エミング at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック