2010年12月02日

このカーブはどうして?

東京・中央区日本橋での仕事を終え、付近を散策。
気になっていた小学校、日本橋小伝馬町にある旧中央区立十思小学校へ足を向けた。
この小学校に幼稚園から2年生まで通った。
大通りの交差点をわたりながら、小学校に通う途中で、
都電のレールに履物を挟んでしまい、取れなくて怖い思いをした記憶が蘇ってきた。

この小学校は関東大震災後復興した耐震耐火性の鉄筋コンクリートつくりの3階建て。
人口減に伴い、平成になってまもなく、廃校。101124_1501~0001.jpg
なくなってしまうと聞き、寂しかったが、その後改修し、
区の総合施設「十思スクエア」として平成13年に新たにオープン。

幼き頃に見た校舎や校庭のおもかげが残っているのだろうかと思いつつ、
訪れたのだが、校舎正面の丸いカーブは変わらずで、懐かしい。

校庭には、手洗いを励行された手洗い場があり、これまた懐かしい。
幼稚園時代、ここで、男児に水をかけられた記憶も思い出した。
この狭い校庭で、ベンチに座ってひなたぼっこをしていたのだ。
小学校に併設された幼稚園なので、遊具はほとんどなかった。

隣には公園があり、吉田松陰関連の碑や101124_1446~0001.jpg
江戸城下に時刻を知らせていた本石町の時鐘が移転されている。
伝馬牢屋敷跡なので、子供の頃は怖くて近づけなかったが、
この日は、枯れ葉が舞い散るなかで、静かなときの流れを、しばし楽しんでいた。


posted by エミング at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。