2011年01月24日

イラストのシェフが“おいしそうな”ステーキハンバーグ店

IBMの知人と「春日」で待ち合わせて、
駅近くの「せんごく」へ。(http://www.sengokuga.com/)(グリルキッチン春日本店)。
店前に立ったとき、あれ、春日なのに千石?
それにこの店の感じ、板槁の店に似ているなと思いつつ、入店。
駅名の「千石」とは関係なく、「千石大名」のような意味だそうな。

この店、昭和45年創業というから、かれこれ40年以上の歴史だが、
欧風料理から洋食屋、ステーキや、とんかつやといったように変遷してきたようだ。

膝にかける紙ナプキンは店名のロゴが入り、ちょっとおしゃれなイラスト入りのもの。
洋食屋のころの名残だろうか。
ちょっとおしゃれで、贅沢な気分だ(布ナプキンでなくても)。

名物のステーキハンバーグ200グラム980円を注文。
もやしがたくさん、そしてハンバーグもしっかり食べ応えがありました。

板橋にある店も同じ系列店でした。





posted by エミング at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック