2011年02月14日

バレンタインデーかこつけマーケティング

バレンタインデーのチョコレートギフトもすっかり定着したようだ。
好きな男性に恥ずかしげに、そっとチョコレートを渡す…そんな光景は遠い昔。
最近ではチョコレートの試食に、デパートの催事売り場を歩き回っては、つまむ、
そんなオバサン族に昇格?してしまった。

本日はラストデー、池袋西武の催事売り場「チョコレートパラダイス」へ。
館内案内も“〜〜、自分へのご褒美に…”と放送している。
催事場は若い女性はもちろんだが、年配者もそれ以上に多く、ごった返している。
この時期のハート型は、チョコレートはもちろんのことだが、
POPやラッピングでは、店内あちこち目にする。

商品そのものをハート型にしたのは、チョコ以外では、柿山の煎餅がずいぶんと
早かったように思う。
もちろん、チョコレートパラダイスにも出店している。
久しぶりに見たら、ハート型の種類がずいぶん増え、
形、色、味ともにバラエティに富んでいた。

地下の食品売り場では、惣菜売り場で、バレンタイン弁当の中に
ハート型のキッシュが入っていた。

製造者は生産性を考えると、形を変えるというのは、なかなか困難だが、
だからこそ手つくり感のあるものが、欲しくなるのが、一般的な消費者の気持ちであろう。

そういえば、朝のテレビニュースで、熊本県の旅館?温泉施設?で、
チョコレート風呂のサービスをしているのが目に入った。
お湯の色はまさにチョコレート色。
入浴した男性は、インタビューに「甘い香りがして、ゆったりできる。
チョコレートをもらえない男性たちももらった気分になれる」と答えていた。
牛乳風呂や酒風呂などもあるのだから、カカオの風呂も
1日限りのお楽しみでいいかもしれないですね。


posted by エミング at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック