2011年09月28日

もったいない運動の推進者

ケニア出身のノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイ女史の訃報を知りました。
彼女は「もったいない」のことばを世界に広め、環境保護活動で何度か来日しています。

昨年2月、竹芝にある毎日新聞社の「モッタイナイ・ステーション」で、
リ・ファッション協会(http://www.refashion.jp/index.html)が
企画したリ・メイクのイベントに
毎日新聞社のお手配で招聘されました。

来場されたときのようすを関係者から見聞きしたシーンが印象深く、
凛とした公人の姿とは別のほほえましいエピソードでした。

展示してある着物のリ・メイク作品を羽織ったとき、
後ろの絵模様を振り返って鏡で確認しているご様子が、
リメイクのよさを瞬時に理解し、楽しんでいるようだったとのこと。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。71歳。
posted by エミング at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック