2014年08月30日

どんな祭典が??

アントニオ猪木、ピョンヤン訪問。
1995年以来の第2回スポーツイベントが開催される。
ちょうど一気に読了した「北朝鮮と日本人」KADOKAWA.。
文中、
「162カ国との国交があり、ないのはアメリカと日本とフランスと…」
の猪木のメッセージ。
猪木ファンとして、また世界の平和を願うものとして、行く末を見守りたい。

猪木__.JPG

さてさて、ファン歴は長いのだが、ひょんなことからファンに。
かつて、在職していた事務所があった六本木のマンションに、猪木夫妻も住んでいて、
あるとき「地震だ!」といって、外に飛び出してきた彼に、ばったり遭遇した。
プロレスラーでも怖いものはあるんだなと笑ってしまった。
そのときのひとなつこい笑顔に魅かれ、以来、たまにプロレスをTV観戦。

そして、10年後、これまた不思議なご縁で再会。
秘書に社長室に呼ばれ、そこには、あの笑顔の猪木が。
仕事で来社の猪木氏より「闘魂」と書かれた色紙を頂戴し、
一緒に写真撮影のチャンスに恵まれたのもご縁のおかげ様。

赤いマフラーがよく似合い、いつまでも「闘魂」の志と行動力はさすが!
posted by エミング at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック