2015年06月07日

ちょっと変わっているけど魅力的な店

ちょっと気になって、羽村市の福島屋へ。羽村駅から徒歩7分くらい。

福_2601.JPG 福大きな木_2602.JPG

店頭に大きな木があります。何の木でしょうか。
3時ごろ入店し、5時に再度入店。やはり夕方は活気ありました。
客数もスタッフも多く、声がよく出ていました。
入口付近の惣菜売場は常に前出し陳列で手直し。
エンドのチーズは2,4メートル冷蔵什器で4段の陳列、種類多く、
注力しているようです。
天井が高い店ですが、垂れ幕などでボリューム感を損なわない演出も
しています。POPも多数あり、手描きで見やすいです。

福買い物_2609.JPG

ついつい買い込んでしまいました。次の日から出張だというのに。
徳用の煮こわれのおたふく豆がとってもおいしかった。
そら豆はポルトガル産だけど製造元は長野県の飯田市なんですね。

付近には業務用の店舗や園芸店、パン工房のあるレストランもあります。
すでにランチタイムは終了し、広い店内に客は私だけ。
紅茶とシフォンケーキで一休み。

福花_2603.JPG 福パン_2606.JPG 福ケーキ_2607.JPG

帰りがけに駅付近の農村レストラン「四季菜」へ。
和食ビュッフェで1,200円、これは安いですね。
生野菜、蒸し野菜、焼き野菜、煮物、天麩羅、酢漬け、漬物など
野菜メニューを主に鶏のローストなど十数種類。
しめじごはん、かきたまうどん汁、甘味デザート、飲料。
どれもいいお味です。

福レストラン_2608.JPG

福島屋のグループだからこそ、できるメニューと価格なのでしょう。
本店は 赤坂店とは違った感じがします。
posted by エミング at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック