2007年11月13日

大胆に繊細に

日本橋高島屋で「モダーン手描き染め」の作品展示を開催中、創作者の右近佐知さんを訪ねる。

以前お目にかかったときにステキなブラウスをお召しになっていて、自作とおっしゃっていたのだが、どういうものなのか詳細がわからなかった。
 
今回、右近さんやお弟子さんたちの作品をたくさん見て、お話を聞くうちに、なんとなく理解できた。

さまざまな素材に描かれた華麗なモチーフは、ときには強くボリュームがあり、ときには点描のように繊細な線が描かれている。

芸術性よりも仕事柄クリーニングは大丈夫なのかという現実性が、ついつい頭をよぎってしまう。彼女いわく、テスト済みとのこと。

彼女は友禅染めなどを学んだあと、アメリカでレジンカラーのアートペインティングを習得。帰国後「モダーン手描染」を創作し、染色をファッションやインテリアに取り入れた新しいスタイルのアートに取り組んでいる。今度私もチャレンジしてみよう!


posted by エミング at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック