2008年02月01日

デュッセルドルフで街つくり、店つくりのエキシビジョン

デュッセルドルフはドイツのパリといわれるらしい。
それはシャンゼリゼ通りを思わせるケーニヒスアレー通りがあるからと。

市内から30分で戦前の懐かしいドイツ風景となり、
しかも斬新な建築と懐かしい街並みが共存する街。

私はドイツの城廻りをしたが、デュッセルドルフには行っていない。

このデュッセルドルフでエキシビジョン・ユーロショップが
まもなく開催される。

視察ツアーを企画している(株)日本店装新聞社は
街歩きに便利なガイドブック「デュッセルドルフの商業施設案内」を刊行した。

詳細はhttp://members.jcom.home.ne.jp/m-ing/meikan.html

エキシビジョン、街並みを体感してデュッセルドルフを堪能しよう。



posted by エミング at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック