2007年02月03日

麦わら帽子は何度になるとかぶりたくなるか

ン10年前に仕事でお世話になった人の訃報を知り、焼香に家を訪ねた。
帽子の問屋さんの役職者だったが、現場のことをよく知っていた。
体感温度と商品の売れ行きを30年以上も前から探求し、データ作成をしていた。
コンピュータなど普及していないときだから、手作業の作成。
何度の暑い日が続くと麦藁帽子が売れ出し、何度の寒いが続くとニットの帽子が売れ出すということを長年の実務からデータ化していたのだ。
そのころは帽子のような季節商品は流行よりも天候に左右されやすかったので、メーカーはいつも一喜一憂していたのが懐かしい〜。
現在はデータ化もぐ〜んと楽になった。その分直観力は鈍っているのではなかろうか。


posted by エミング at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

携帯電話代が90万円?!

マレーシアから来日した留学生が「困った!」といって、かたことで訴える。友人の携帯電話代の請求が90万円だったので、自分は6万円くらいではないか、支払えない!と訴える。90万円?電話代で?どんなふうに使ったらそんな額になるのか、私には考えが及ばない。インチキではないのかと疑ってしまった。専門家を同行し、あらゆる手段で聞き出すと、音楽や映像をダウンロードしているので、かなりの情報量になるから、ありえるらしい…。しかしどうやって支払うのだ!彼女らは未成年。無制限に使用できるというのも問題だ。
posted by エミング at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

ベストファーマー

ずっしりと重い里芋をいただきました。見事に容姿がそれぞれ個性的!まずはふかして、そのままガブリ。なかなかいけます。残っていたクリームチーズと味噌と酒でディップをつくり、これをつけて食べる。これもグッドです。次はやはり、けんちん汁ですね!そして、里芋とイカの煮付け…。

森林公園の「大久保農園」からの自然の恵みでした。ありがとうございました。
http://blog.goo.ne.jp/i-point/
http://www.ikebukuro-21.com/iPoint/images/project/ookubofarm001.pdf

以前、じゃがいもの種付けに参加したときは、「ベストファーマー」だと、責任者におほめのことばをいただいたのですが、長い畝を腰をかがめて作業しているのは、ほんとに激務!
責任者のIさんは店つくりも、人つくりも、そして農作物つくりもうまいんですね〜。
posted by エミング at 15:32| Comment(1) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

初日と猪

0029inosisi.JPGhatuhi0012.JPG今年はどんな年になるのでしょうか、したいのでしょうか。
さて、日の出6時50分ごろと聞き、薄暗い中を海岸へ。雲間がなかなか切れずに、待つこと約20分。これは7時11分のショットです(熱川:高磯の湯より)。
猪突猛進を戒め、落ち着いてねばっこくということでしょうか。

次のショットもそろりそろりの猪君です(天城いのしし村いのししショー)。なつきにくい動物だそうですが、お見事というか、悲しいというか〜。状況を見極め、マイペースで前進ということでしょうか。

posted by エミング at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

別荘文化

 普段非公開の宮城道雄の葉山の別荘「雨の念佛荘」にて筝曲コンサートが行われた。演奏もさることながら、この大正末期に建てられた建物は建築上、重要なものだそうだ。道路から奥まったところにあり、通常は非公開なので、近辺の人も知らない人が多いようだ。
 面取りをした柱やなげしの緩やかなカーブなど手が込んだつくりは他別荘では見られないとのこと。さらに建築家の説明によると、めったに見られないのは、二面を開け切ったときに、角の柱が景観を損ねないように丸柱にした。すると戸を閉めたときにぴったり閉まらないので、丸い柱に合うように、戸を削り、カーブをつけたとのこと。このような手仕事ができる職人はごくわずかだとか。葉山の別荘はひところ400件ほどだったのが、いまはわずか40件ほどで、好景気時代に贅を尽くした和風建築の建物が残存しているとのこと。
 15年ほど前から湘南国際村をセミナーでしばしば利用していたが、年々コンクリートの建物も増え、しっとり、のんびりした景観も変わりつつあるように思う。

posted by エミング at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

音が消え、動きが止まり、静寂が〜

知人に誘われ、アマチュア楽団「ル スコアール管弦楽団」の演奏会に何度足を運んだか〜。この楽団は満10年になるそうだが、私もかれこれ5年くらいは、楽しんでいる。
初めて誘われたとき、たしか演奏曲目はグスタフ・マーラーの交響曲だったような気がする。このときオーケストラ演奏を聞くのは久々で、しかも難曲、すっかりいびきをかいてしまい、知人に起こされた覚えがある。そして、本日もマーラー…、しかし、何度も聞くうちに、耳慣れたのか、音の融合や広がりを楽しめるようになった。本日最終楽章では、最後の1音が消えた後、あっとびっくり…、時間が止まってしまった。プレーヤー全員の動きがぴたっと止まってしまったのだ。なんという静寂、パフォーマンス。
これは劇場ならではの、お楽しみですね!
posted by エミング at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

インディアンフルートのコンサート

青山ウィメンズプラザホールにて。真砂秀明さんのインディアンフルートをはじめとして、仲間のミュージシャンやゲストミュージシャンらによる演奏。照明などの舞台つくりもネイティブカルチャーに誘うもので、しばし異空間での浮遊感を楽しむ。連チャン早朝仕事のため、心地よいけだるさに身を包まれたのです。
posted by エミング at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

満月のラーガ ろうそくコンサート

今宵、見事な満月。杉並区・下高井戸のお寺でエスラジ奏者の向後さんとタブラの逆瀬川さん、そしてタンプーラの赤根先生(ヨガの先生)のインド音楽の演奏。エスラジは旋律、タブラはリズム、タンプーラは影の調律師とのこと。エスラジとタブラがすっかり調和して、即興音楽とは思えないほどだ。
目を閉じて聞いていると、ゆるやかなメロディはハイウェイをゆったり横切る牛の歩みや、ガンジス川で沐浴する人々の顔が浮かんでくる。
お寺の尼僧による精進料理の五穀米のおにぎりやけんちん汁も味わい深かった。
インドでは延々とラーガを演奏するそうだが、日本では、ちょっと短めとか。
posted by エミング at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

虚空の音

地球交響曲第6番の完成試写会へ。
テーマは“虚空の音”はてさて、龍村監督はこの作品をどのように創りあげたのか〜
雲龍氏の熊野・那智の大滝での奉上の笛の音は、まさに虚空の音。ほかにも岩音や弓音、ディジュリドウ(天然空洞木)の奏者らが、映画のシーンを見事につないでいる。自然の荘厳な営みを目からも耳からも堪能できる。
来年4月より一般公開。
posted by エミング at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ゆびっぱ

ラジオでキャッチした情報〜“足が気持ちいい”に耳がダンボとなり、5本指スリッパとやらの説明を聞く。5本指のスリッパってなにそれ?とちょっとイメージできない。
そしたら、今日出くわしてしまった。“もしかして昨日のラジオの品物はこれ?”足がリラックスするといえば、もう買うしかない!さっそくマイクロファイバーでできたふわふわの素材の5本指スリッパに指を通して〜しばらくすると各指の間がほどよく刺激されて〜“気持ちーいい”。ラジオでの気持ちよいという声がなるほどうなづける。丸洗いもできるとか。これ考えた人、スゴイ!
posted by エミング at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

LAZONA 川崎

川崎住民からの一報。28日グランドオープンのLAZONA川崎。プレオープンに行った知人からの情報では約300店舗を集積する建物はすばらしいと…店内は天井が高く、通路も広く、おしゃれな作りだそうです。このワンストップショッピングによって西口住民には便利?のようですが、従来の東口商集積はどのように対抗していくのでしょうか。街の変化はいかに?
三井不動産がここのところ連続的に開発をしていますが、関東近郊では最大規模とか。どのような発見があるか、見るのが楽しみです。
近日中に店装新聞社の取材記事掲載予定
http://members.jcom.home.ne.jp/m-ing/newshop.html
posted by エミング at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

パロちゃんに出会えた

060919_1142~0001.jpg 日本橋高島屋スポーツ売り場をきょろきょろしていたら、動物の鳴き声がする。何のペットだろうとそちらを見ると、なんとアザラシのロボット。
店員さんが頭をなでている。なんとも愛くるしい動きと泣き声。
世界一の癒しのロボットとしてギネスブックに認定されたメンタルコミットロボットのパロちゃんだった。なでたり、光に反応して、瞬きや複雑な体、顔、手足の動きをする。こんなに触っていいのかと思うほど触ってしまった。
アニマルセラピーは一般的になってきているが、そのうちロボットセラピーも安価でできるようになればと思う。近間にきたら、ぜひ足を運んでみては。癒されますよ。

posted by エミング at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

ー ギフトショー

 東京ビッグサイトにて東京インターナショナル・ギフトショー開催中。
今回は東京、大阪、福岡開催の通算100回記念。
 1976年初開催当時は、まだまだギフト(雑貨)市場は未成熟、その後かれこれ30年、ギフト市場もすっかり進化し促進した。出展数も増え、今回は400社以上とか。初開催から見続けていると、マーケットの変化がそれとなくわかる。
 ひとことでギフト雑貨といってもその範疇は広い。おしゃれ雑貨、インテリア雑貨、日用雑貨、文具雑貨、ノベルティ雑貨、美容雑貨、健康雑貨などなど。ガーデニングがブームになれば園芸雑貨が、携帯電話が普及すれば、その雑貨が、そして最近は健康や美容の雑貨が増加。
 かっては脇役的な存在だった小物が、いまでは小物から大物まで、すっかり存在感を主張するようになった。
 今回は自由が丘「Imane」(イマン:レースの商品やアートな商品)とその店つくりをしている「YU・ME・Mi FACTORY」が共同で出展し、ブースのオリジナリティを醸し出していたのが目に付いた。
 今回テーマの『ちょっと“上質な”くらし「プレミアムライフスタイル」が今トレンド』がところどころ垣間見れた。
posted by エミング at 20:25| Comment(0) | TrackBack(1) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

足指に光るものは何?

夏もそろそろ終わりだがハワイアンミュージックに合わせフラダンスの余興。ダンサーがまじかで踊るので、本来ならば手の動作や腰に目が行くはずが、私の視線はダンサーの足元に。
リズミカルに動いている足の指にはリングが、薄暗がりにきらきらしている。リングのおしゃれな活用法なのか、それとも健康グッズなのか…。さっそく手指にはサイズが小さくなってしまったリングを足指にはめてみる。なかなかおしゃれっぽいと自己満足。
posted by エミング at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

渡り蟹のスパゲッティ

浦安の「ポルトベネーレ」は、シンプルな白壁の洋館、室内は落ち着いた空間である。ランチにすすめられたのが渡り蟹のリングイネ。濃密な蟹みその風味をひたすら味わいながら、久々のおいしさに舌鼓を打った。生クリームであえたソースは、好みではないが、ここではまるごと渡り蟹ベースのようだ。前菜サラダもたっぷりとあり、おすすめのランチ。
posted by エミング at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

私にやさしいエコ生活

暑い夏、日焼け対策には頭を悩ませます。化粧品売場のAさんは、きれいな手をキープするために今年から長袖着用し、通勤しているとのこと。私はといえば…うーん。
先日、骨折した足を眺めているうちに、足ってしみがないなぁ〜。
手入れなどしないのに。それに比べ、顔や手はお手入れしているにもかかわらず、しみが出現〜。
肌の露出による紫外線なのか化粧をするからなのか〜?
「私にやさしいエコ生活」http://members.jcom.home.ne.jp/m-ing/spice.htmlで、エコ派の玉木さんが提言、彼女は色白でつるんとした卵肌。さてさて、何をしているのでしょうか。

posted by エミング at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

あこがれの阿川康子そして、はじめての横須賀

060729_1451~0001.jpg 長い梅雨からやっとあけた7月末、横須賀ジャズフェスティバル。20周年とあって豪華メンバー。ジャズも楽しみだけど、はじめての横須賀…。
 港町の香りが漂い、どぶ板通りの異国の趣も楽しみ。横須賀駅からぶらっと歩きだすと、白い海兵服の学生たちが、夏の陽射しにいっそうまぶしく映る。ジャズに酔いしれた後のどぶ板通りの鰻やは、これまた絶品。
 初日は山下洋輔ニューヨークトリオ、原信夫とシャープ&フラッツ、熱帯ジャズ楽団、ゲストに阿川康子と大御所の面々。上席を確保してもらったおかげで、山下のピアノ演奏のはねる足とまるでウサギか猫のよう跳ねる丸い手を捉える事ができ、また阿川康子の体くねくねもしっかり目に焼きついてしまった。
posted by エミング at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

冷房予防靴下?

熊谷38,5度の日、冷房がんがんでの研修、冷え冷え、キャンディ状態をやっと抜け出し、SC店を回っていると、ある靴下専門店で、私が思い描いていたものを発見!「そう、こんなのが欲しかった」。少し前まで捻挫のため右足サポーターを手放せなかったのだが、夏場に足首を冷やさないおしゃれなサポーターがあるといいなと思っていた。
 真夏はやはり素足にサンダル、そんな気分を味わいたい〜と思いつつ、足首をちょっとガードできるといいなと、そういう靴下を探していたのです。
 ならば、ソックスをはけばいいですって…。ちょっとそれは…。
最近おしゃれな靴下がいろいろあるから、きっとそんなサポーターっぽい靴下もあるのではないかと。
 “ありました!”これなら短めの丈のスラックスでも、きっとおしゃれにはける。
 それにしても、オフィスでは足首が冷房にさらされている女性たちが同じ悩みを持ち、そのニーズがあるんですね。
posted by エミング at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

岩盤浴

 この2.3年ご無沙汰していた中野駅前の「サウンド球貴」へ。
な、なんと別フロアで今話題の岩盤浴を営業。驚き!
もともと「お風呂やギャラリー」という別名もあるのだが…。
健康がテーマのショップなので、何の不思議もないわけだが。
シリカブラックによる遠赤やマイナスイオン効果ですっかり
リフレッシュしてしまいました。
これって、リハビリ効果もあるのかな。膝の痛みが和らいだ
ような気もする。
 気分もさわやか、頭もすっきり、さて、これからひとがんばり〜
posted by エミング at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

お客様に近づく経営

富山県魚津市の手芸センターの経営者からの朗報。
最近、イベントの復活をしたとのこと。市の公共施設を借り、手芸教室の再開である。月2回実施だそうだが毎回30人くらいは集まってくるそうだ。顧客は簡単な手芸工作を教わり、作りあげると、2,3個は材料を買って帰るとのこと。
手芸店は斜陽産業であり、しかも周辺は大型チェーン店の出店で、地元の小売店は生存が危うい。
しかし、手作りの喜びをお客様に訴求することで、地元密着店として、顧客の支持を得ているが、ときには“待ち”の姿勢ではなく、“お客様に近づく”ことも客志向ですね。「とにかく具体的に動いてみるんだね。具体的に動けば具体的な答えが出るから」まさに、あいだみつをのことばどおりでした!
posted by エミング at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | そよ風便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする